日本に古くから伝わる日本画の資料集をながめていると上手に描くという執着心の強い画家と、そうではない画家に大きく分かれているような気がしてなりません。筆者などは上手にデッサンを仕上げて色付けしてのちに額縁に入れ込んで、玄関に飾ろうなどという強い意気込みからどうしても描写に力が入り過ぎてしまう作品が多いのですが、そのような美術や街術を極めるための描写ではなく、人に何が伝わればそれでヨシとするような絵巻などには、作者の描写のタッチに優しさまでもが込められているような気がしてなりません。人々が絵を描くということには様々な思いが込められているのだということに、ふと気づかされることがあります。筆者個人としては、雑多な日常生活のストれるの発散として、デッサンや水彩画などを片手間に楽しんでおりますが、日本に古来から伝わる絵巻などには、人々が絵を描くことを楽しむ背景には、それぞれに様々なストリーがあるはずなのだとという事柄を感じる瞬間があります。