日本酒はお米を発酵させてしぼったものです。原料や発酵で得られる栄養素がそのまま含まれています。栄養素がとても高くて、アミノ酸やビタミン、ミネラルも豊富です。日本酒はお料理ととても合います。野菜料理と日本酒というテーマでネットにもたくさんのレシピが紹介されていますし、野菜と日本酒というテーマで、お店を展開しているところも多数あります。日本酒というのは血行をよくしてくれて、身体を温めてくれます。血栓を溶かす作用や抗酸化作用もあります。ガンや生活習慣病を予防する効果も期待できます。ただ、やはりお酒は飲みすぎはよくありません。日本酒の薬効を期待するならば、一晩で2号が限度です。体内のアルコール成分を十分に分解するということが大切です。日本酒にはアラニンという成分が含まれています。穴人はアルコール代謝改善作用があります。筋肉とタンパク質をつくるアミノ酸はビールの3倍以上です。一日2合までならば、肩こりや腰痛にも効きます。民間療法で、お風呂にコップ二杯程度の日本酒を入れて湯船につかれたば、血圧が安定するとも言われています。野菜のおつまみで2合までの日本酒を飲めば、身体も喜ぶということです。最近は無農薬野菜を販売している所も多くあります。ヤマイモの磯辺焼きやバター焼きなど、ヤマイモ料理は日本酒と摂ると栄養ともに100点です。日本酒メーカーなども積極的に野菜料理とのコラボを紹介しています。酢の物にもあいますし、お漬け物でも良いようです。日本酒だけガンガン飲むというのは、身体にとても悪いので、お漬け物でも、キュウリを丸かじりでもいいので、野菜と一緒に飲んでほしいと思います。野菜料理で、お酒もいっそう美味しくなるはずです。おつまみにも気を配りましょう。