わざわざ持ち家のメリットを挙げなければならないということは、持ち家の費用について考えるからです。それは当然、固定資産税、修繕費用、リフォーム代等を含みます。これらに多額の準備が必要であるのは言うまでもありません。

例えばリフォームを見て下さい。あれだけで数百万円の出費になります。建て替えが発生すればいよいよ1000万円代となります。これは持ち家を購入する意欲を妨げます。

しかし資産価値に応じて住み替えすれば、メリットが得られることもあります。要は家を売ったお金で家を買うわけです。その時、重要になるのは物件選びです。地域によって不動産価格は異なりますから、東京から地方に移住するのと、地方から地方に移住するのとではまったく事情が異なります。

需要が高い高級賃貸として貸し出せる物件の場合等、売却益を期待できるときは年金に頼らなくてもよいでしょうが、そうでなければ不安になります。

仮に持ち家を売って、賃貸物件に引っ越したらどうなるでしょうか。これであれば購入資金は必要なくなります。毎月の支払いは発生しますが、寿命との相談になるでしょう。老人が考える家賃はそういうものなのです。

ところで都心の物件であれば、色々な制約が生まれます。そもそも狭いですから、希望の物件が見つかる可能性が低くなってしまいます。それでも構わないという人もいるでしょうが、買い手がつかなければ意味がありません。

ですから大事なのは、持ち家の価値を見てもらうことであり、そこから借り入れの各種制度を利用することです。もちろんその借入資金でリフォームすることも可能でしょう年金生活とおさらばするためには、こうしたずる賢い生き方が大切になります。