コンテンツSEOというのは、ユーザーのニーズに合わせて新規のコンテンツを作って、既存のコンテンツを修正するという意味します。コンテンツを作成するというときは、やはりグーグルに評価されるコンテンツというものを知っておく必要があると思います。

グーグルは、検索結果の表示アルゴリズムを機械ですべてやっているというわけではないそうです。機械で作成された検索結果を人間が確認して、問題があればアルゴリズムを修正していきます。この繰り返しをしているのです。人間による評価というのは、「検索品質評価ガイドライン」というものを用いていて、一部が公開されています。

どのようなページやサイトが高い品質と評価されるのかということを知ることができます。良いコンテンツと評価されるためには、page quality評価とneeds met評価のどちらにも高い評価を受ける必要があります。要するに「ユーザーの検索意図に応えた高品質なコンテンツ」を作成しなければならないということです。

過去、グーグルは、検索キーワードと関連性を品質よりも重視していました。いくら低品質なコンテンツでも、関連性が高ければ上位に表示されていました。その結果、コンテンツスパムが横行してしまい、ユーザーにとっては非常に困った状態になったといえます。ユーザーにとって価値のないページがたくさん表示されるというのは、使い勝手がとても下がってしまうということです。

現在はユーザーニーズとの一致はもちろん、ページの品質の高さも求められています。SEOを安く行いたいのであればこそ、確実にコンテンツ作りをするのが結局は遠回りにならずにすむのです。「ページの目的に応じて、有益なコンテンツがどれくらい保持しているかが評価につながるので、有益なコンテンツを作るよう心がけましょう。