麻雀は、コミュニケーション能力を高めるゲームなどとも言われています。特に、お年寄りにブームとなっている健康麻雀は、わいわいがやがやとおしゃべりをしながら楽しむことにより、何よりもコミュニケーションが活発になることから、認知症予防などとも言われています。

自宅に引きこもりがちな高齢者たちが、麻雀教室などに外出する理由があることによって、年寄りが孤立しないことが、現代の日本の社会において元気なお年寄りをサポートしているようにも伺えます。

実際に、お年寄りなどにアンケート調査を取ってみると、健康麻雀があることによって、ポジティブな考えを維持できるようになったなどというような形で、前向きな生活にもリンクしているようです。

今まではなかなか活動的になれずに、家の中でゴロゴロとしていたのだけれども、定期的に通う場所があることによって、スケジュールの予定文などが、計画的になり、何よりも麻雀教室で見知った顔に会えるなどといった形で、コミュニティの中に、参加できる楽しさができたようです。

お年寄りの一人暮らしは、どうしても、社会性から外れたポジションに置かれてしまう可能性が高いのですが、健康麻雀などのお年寄りのコミュニティができることによって、自分の居場所や、所属場所を見つけることで、安心感を得ているのかもしれませんね。

現在の麻雀卓には全自動麻雀卓という麻雀牌のセット等を全て行ってくれるものもあるため、気軽に行えるのも魅力なのかもしれません。

今後、日本が抱える超高齢化社会の中で、このようなお年寄りが自立して、コミュニティを築いていける活動場所というのは、大変貴重な存在となってくるのではないでしょうか。