不用品回収のなかでも、重くてかさばる、困りものなのは、引っ越しのときの机やイスの処分です。自治体に頼めば、安く済みます。直接持ち込むか自宅へ来てもらって、回収してもらいます。持ち込む場合、住んでいる地域によって方法が異なります。電話確認が必要となってきます。自宅に来てもらうときはまず、自治体に電話をして「回収曜日と日時」を確認しましょう。その上で、準備しておくモノとは、「リサイクル券」です。近所のコンビニで売っています。大きなモノでも高くても1000円です。業者に頼むよりも安価です。自宅回収の場合は依頼者の立合いは必要ありません。小さなモノは500円で済みます。回収業者ですと、人件費や運搬費がかかります。自治体よりも高額になってしまうケースが多いようです。前にもお伝えしましたが、会社組織には運営維持費がかかるのです。そのため、安く済ませたいならば自治体への依頼が賢明でしょう。ですが、「重くて一人では運べない・忙しいとき」に利用する場合は別です。複数から見積もりをとって一番安い回収業者を選びましょう。買取店の場合、運ぶのが困難なときは「出張買取」というものがあります。自宅まで来てもらうサービスです。店舗によって価格差があるので、ネット検索をして電話確認をしましょう。アーロンチェアやりーブチェアなどの質の良いブランド品や、定価の高額なモノは高く売れるでしょう。ネット検索すると、家具を買い取る多数の買取店があるようです。すぐに決めないで、複数の店と金額を比較して、条件の良いところに頼むようにしましょう。無料で自宅まで来てくれる店もあるのです。一方でアンティークを好む人も増えています。