肩の辺りに激しい痛みを感じる、腕を上げると肩に痛みを感じて上手く持ち上げられないなどの症状は、肩関節周囲炎である場合が多く、一般的には四十肩や五十肩という名称で呼ばれているそうです。四十や五十の年齢で発症することが多いために呼ばれているそうです。

四十肩や五十肩は、男女問わず発症します。左右の肩での発症比率もほとんど同じであり、利き腕かどうかも関係ないようです。若い頃にスポーツなどで肩を使うことが多い場合や、悪い姿勢で過ごす癖がついている場合に発症が多いそうです。他にも寝不足やストレス、生活習慣などが原因として考えられているそうですが、はっきり分かっていない部分が多いそうです。ただし、多くの人に共通しているのが、全体の筋肉が硬いということだそうです。後屈が苦手な場合が多いようです。硬い全身スーツを想像すると分かりやすいですが、体の繋がった部分が硬いということは、動かした時に引きつれを生じさせやすくなります。この引きつれが蓄積されて、ダメージを与えると考えられているそうです。これらの症状は、肩の内側からゆっくりと進行していきます。人によって差はありますが、いきなり痛みが出るというわけではなく、肩の違和感から始まって、痺れが出るような前兆があるそうです。

また、蓄積されて発症したものですので、放っておいて自然に治るというものでもありません。若いうちからストレッチの習慣を付けておくことで、発症を防げるようになると言われています。なってしまってからでは、症状を抑えるために時間が掛かることが多いと言われています。痛みが出る前から体の歪みを改善して、運動不足を解消しておく必要があると言えるでしょう。