不用品回収の中でも、家の中にある大きなタンスや、使っていないソファーの処分費用を安くすませるためには、自治体に依頼するとよいでしょう。回収業者では折込チラシやネットでの広告費用などの、リサイクル料金以外の費用を事業運営のために、お客様から頂くことになるのです。そして、自治体へ頼むときには、「大きさを明確に伝えること」が重要となってきます。これだけすることによって、金額が明瞭になるのです。また、処分費用は高くても1000円です。自治体は専門家ではありませんので、手伝いはしてくれません。一人で運ぶのは大変危険です。止めた方がいいでしょう。そういった場合は、家族や友人の手伝ってもらいましょう。負担を減らすことが賢明です。タンスやソファーは家の外に出しておきましょう。近くのコンビニでリサイクル券を購入して、見やすい場所に券をはりましょう。自治体の作業員もわかりやすくなるのです。身近に手伝う人がいないため、回収業者を使わなければならないときは、工夫します。複数の業者に見積もりをとり、一番安い業者に依頼するのです。また、軽自動車で、移動している「廃品回収業者」は利用しないほうがいいでしょう。無免許で違法営業している可能性が非常に高いのです。基本的に大きくてかさばるモノは、店舗に置くスペースを確保するのが困難です。タンスでは、桐タンスなどが「骨董品」としての価値があるのです。作者名によっては、20万円以上するものもあるでしょう。迷ったら、すぐに電話をすることが肝要だと思われます。古くなって、不要になったコンポも処分に困ります。これも処分代は払わないで済むのです。買取店での買取ができるのです。