奈良時代より以前の上古刀期における日本刀は、前述した通り、反りのない直刀で「平造(ひらづくり)」と「切刃造(きりはづくり)」が主流でした。この、大陸からもたらされた直刀を上古刀と呼び、湾刀へと変化したのは平安時代中期以降と言われています。上古刀は、古墳などから発掘されるものと奈良正倉院宝物の伝世品とがあります。

 

断面から見て、刃先をV字型に削ぎ取り刃をつけた形状のものを「切刃造(きりはづくり)」。刃先の片面のみを削ぎ取った形状のものを「片切刃造(かたきりはづくり)」。刃先が両面ともに刃のついたものを「切先両刃造(きっさきもろはづくり)」と呼びます。

 

平安時代末期になると、切刃造から鎬造(しのぎづくり)へと移り変わります。現在でもよく知られる、反りのある形状です。この時代の太刀は、元幅に比べて先幅が狭く、総じて細身であり、踏張りが強くつく力強い反りが流行でした。腰元で強く反るので、腰反り(こしぞり)と呼ばれます。平安時代の公家文化の影響と思われます。

 

鎌倉時代中期になると、引き続き太刀が主流ではありましたが、初期のものと比べると元幅と先幅の差は少なく、厚さ(重ね)も厚めのものが作られるようになりました。

 

鎌倉時代末期の太刀は、平肉がやや薄くなってきましたが初期の細身な形状に比べると豪壮さが増しています。

「太刀打ちできない」「まともに太刀打ちしてもかなわない」というような言葉を、普段使うことはなくとも聞いたことがあると思いますが、この「太刀打ち」という言葉は、太刀で打ち合って戦うことからきていて、まともに張り合って競争することという意味です。多くは、この言葉の後に打ち消しの語をつけて使われます。