大陸から日本へ渡った刀剣が、日本民族の高度な技術によって他に類を見ない精巧な武器として、更には美術的価値を持った武器として完成したのが日本刀です。日本刀が完成したのは平安時代末期といわれており、それ以前の刀剣は反りがない直刀でした。直刀が使われた時代を第一期「上古刀期」、それ以降を第二期「平安時代末期~鎌倉時代初期」、第三期「鎌倉時代中期」、第四期「鎌倉時代末期」、第五期「南北朝時代」、第六期「室町時代初期」、第七期「室町時代末期」、第八期「安土・桃山時代」、第九期「江戸時代前期」、第十期「江戸時代中期」、第十一期「幕末期」と主に10~11期に区分されます。日本刀は1000年もの歴史の中で、その時代の合戦に合わせて、また合戦のみならず政治や思想に影響を受けて変化してきました。

日本刀が完成する以前の直刀のことを「大刀(たち)」と呼び、主に刃長が2尺(60.6cm)以上のものを指します。それより短いものは「横刀(たち)」とされます。「太刀」は、反りがある湾刀のことを言い、刃長2尺以上のもので、刃を下向きにして腰に吊るします。

他には、「刀(かたな)」これは刃長2尺以上で刃を上向きにして腰に差すものを言います。「脇指(わきざし)」は刀と同様に上向きで差しますが、刃長1尺~2尺のものを表します。「短刀(たんとう)」は刃長が1尺未満で、腰刀(こしがたな)とも呼ばれます。

反りがなく、両面に刃がついているものが「剣(つるぎ/けん)」。刀身の先端へ行くほど反りが強く、茎(なかご)が非常に長く作られているものが「薙刀(なぎなた)」です。これは人馬をなぎたおすことを目的としています。「槍(やり)」は突くことを目的としており、柄の先端に剣の形状をした穂をはめ込んでいます。