シャネルは、ファッションについてこう語っています。
ファッションにおける「モードとは移り変わるもの」「スタイルは普遍的なもの」。
その区別を語る上で、その両者の違いが意味することは、ブランドたる「シャ ネル」とは、単なる「シャネルモード」ではなく、「シャネルスタイル」だということでしょう。

実際、ココ・シャネルは、年に何万のスーツを売りさばきながら、自身はいつも同じスーツを着ていました。
着たきり雀と呼ばれるほどの彼女にとっての贅沢とは、よく仕立てられた服で、1つのコスチュームが五年くらいきちんとした状態で着られるといったものだったようです。

ずっと何代にもわたって使われるような本物。
それこそが、エレガンスであり、彼女は正真正銘の本物の贅沢を好んだのです。

見せかけの美しさではない本物のエレガンス。
彼女自身の着たい服が、彼女のもの作りの真髄であり、商品化されるべきコンセプトでした。
そこに長い年 月を経ても、世界中で愛され続ける、ブランドシャネルの本質がみえてくるといえるでしょう。

「私の顧客たちは、アクティブな女性たち。活動的な女性には着心地が良い服 が必要。袖をまくりあげられるような服が必要なの」

20世紀のスピリットを表現するリアリティー。
彼女は時代に反抗しながらも、世界中の人々が彼女を求めたのです。
ファッションモードを芸術ではなく、はっきりと商売と言い切る大胆な姿勢がそこにありました。
彼女は初のビジネスウーマン、女性実業家として、19世紀の男性による男性のための女性のファッションに、「女性の自由」 という革命を起こしていくのです。