ロレックスにはさまざまな種類があり、ブランドを代表する各モデルには購入する際のポイントがあります。

多くの人が憧れるデイトナの値段は時価のようなものです。
100万円前後で購入できる時代もありましたが、現在は130万円前後の値段をつけているものも少なくないそうです。
そして、円安が進めばさらに値段が上がることも考えられるので、早めに購入するのもありかもしれません。

デイトナという名前は、アメリカのモータースポーツの聖地に由来しています。
サーキットの完成後に、第一弾のモデルが発売されたそうです。その後、手巻のものから自動巻きの時代へと移り変わり、それとともにデイトナも進化してきました。
その中でも、タキメーターを備えた計測器という、モータースポーツには必要不可欠な機能だけは失われることはありませんでした。

また、デイトナはケース素材にもこだわっていることで知られています。
中には厳選した宝石の装飾が施された豪華のものも存在しています。
2013年のバーゼルワールドでは、プラチナのムクのケースにアイスブルーダイヤルを合わせたモデルが登場し、業界でも注目を浴びました。
しかし、このようなスペシャルな品物であっても、数あるデイトナの中の一つに過ぎないというところがデイトナの素晴らしさでしょう。

また、デイトナは“保険”の意味合いで購入する人も少なくないそうです。
これはこれで、デイトナの正しい購入動機といっても良いかもしれません。