シャネルは当時、宝石好きの女性たちに挑戦状をたたきつけるようなことも行っています。
男の富で、身をきらびやかに着飾り、宝石をありったけぶらさげ、宝石の価値によって自分の価値を左右するような女たちの生き方を、シャネルは毛嫌いし、挑戦状をたたきつけるようにイミテーションジュエリーを流行らせてのけたのです。
今となっては、いたって普通なことではありますが、当時、偽物を喜んで女性たちが身に付けるということは考えられない現象でした。

イミテーションジュエリーが意味することは、「おしゃれと財力は別である」 ということです。
偽物を流行らせたシャネルは、「おしゃれ」と「財力」を切り離 すことに成功したのです。
価値がある宝石を身にまとったからといって女性が幸せを得たことにはならないといことを、シャネルは身をもって知っていたのです。

使い込みボロボロになったアクセサリーでも、ブランドシャネルならではの買取り価値が見込まれます。
捨ててしまいがちな付属品、外箱や保存袋といったものも含めて買取り査定に反映される可能性も大でしょう。