ココ・シャネルが起こした革命の中のひとつに、「色の革命」があります。
シャネルのシンボルカラー「黒」です。

シャネルが登場する前の女性たちのドレスと言えば、モーヴやピンクといった美しい色が主流でした。
シャネルはこの色彩のゴージャスに、反抗するような形で、黒を選び取ります。
それまで喪服にしか使われることのなかった黒を、女性たちに着せてみせると宣言し、その決意どおりシャネルは「黒」を流行らせました。
もっともゴージャスから遠いい色が新しい世紀のカラーとして受け入れられたのです。

シンプルであること、実用的であること、かつエレガンスであること。
「黒」は、女性たちの生き方の中においてそれを実現化。
時代と共に、外に出て自身の手と脚で働きはじめようとする女性たちにとって、まさに必要不可欠な色でした。

シャネルは、19世紀、それまで飾り物であったような女性が、街中を風を切って自分の意志で歩くことのできるよう、絶対的にシンプルな「黒」を選びました。
彼女は新世紀を先取りし、世界を魅了しましたが、「黒」に対し、こうも言っています。
「黒を着こなすことはとても難しい」
エレガンスを着こなすこ とは簡単ではないということでしょう。

財力の誇示や、お飾りとしての「おしゃれ」ではなく、個人個人のセンスと創意に成り立つモダンたる「おしゃれ」は、見せびらかすものではなく、自分自身のためのものであるのです。
シャネルは、ファッションの形状だけでなく、色彩からでさえも女性たちを「自由」にし、「おしゃれ」とは、誰のためにあるべきかを、世の中に説きました。
シャネルの「黒」には、そんな歴史が紡がれているのです。