シャネルを象徴する色として、「黒」は明らかに最初に語られるべき色でしょう。

それまで、喪服の色でしかなかった黒を街中に溢れさせたシャネルが、「 黒」のリトルブラックドレスを打ち出したのは、彼女が40代の初期の頃でした。
シャネルスーツと並ぶ、永遠のシャネルの「黒」が、それ以後、最もシッ クな色となり、人々の心を掴んで離さないのです。

シャネルによって、シンプルでシックであることが美しい事だと、人々に認知されるまで、女性たちは様々な色彩を好んでドレスを選び、身にまとっていました。
その光景はシャネルの目には、滑稽であり、許しがたいものであったようです。
たくさ んの色を身にまとえばまとうほど、醜くなる容姿に女たちは何故気づかないのだろうかと、けばけばしい色彩を様々な装飾品とともに着飾り続ける女たちに「黒」を着せることをシャネルは決意し、やってのけたのです。

シャネルは「黒」が女性たちを美しくみせることを信じ、確信していました。
それまで、男たちによる男たちのためのファッションであった、女性たちの観念を 一気にうち壊したのが、「黒」でしょう。
働く女性を、シックにエレガントに魅せる「黒」。
女性が意志をもって街中を歩 き出す時代に、選ばれた色が、シャネルの打ち出した「黒」だったのです。
彼女は 敏感に世の中を感じとり、人々の自由に取って何が必要なのかを読み取っていました。
時代が彼女を追いかけ、彼女は時代を引っ張っていったといえるでしょう。
シャネルブランドは、そのような過程の中で、ビジネスとして時代を巻き込んだ革命を生み出 し続けてきたのです。