ロレックスのジュエリーウォッチは、極めて男性的です。
ファッションとしてもハイになる道具としても、また経済的な媒介としても優れている存在です。

豪華な宝飾が施されたロレックスも人気があります。
GMTマスターⅡには、世界に11本しかないという希少なものがあります。
有名な赤青ベゼルをダイヤモンドで統一しており、GMT特有の針を見なければ、GMTマスターであることを忘れてしまいそうです。
ブレスのバゲッドダイヤも非常に大きいものが使われています。
ケースサイドやラグ、ベルトの各パーツにはダイヤモンドが散りばめられ、ダイヤでつくられた城の石垣のようです。

コスモグラフデイトナの116589SAは、文字盤にラピスラズリの成分であるソーダライトという素材を使用。
周りにはサファイアベゼルがあしらわれています。ベルトも青色で統一されているため、空や海を連想させる爽やかなデザインとなっています。

デイデイトの18956ZEAは、プラチナとダイヤを贅沢に使用した光り輝くデザインです。
そこにブルーのアラビアインデックスを用いることで、ポップでナチュラルな印象も与えます。
高級素材のみで作られるロレックスの最高級ラインとして非常に魅力的です。

デイデイトの118239Aは、文字盤がチョコレートのような渋いブラウンのロレックス。色
彩の分類上はピンク色にあたります。
ここに10Pダイヤモンドを使用しています。
ほかのラグジュアリーなロレックスは自己主張が強いものが多いですが、このモデルは控えめ。
シックなムードを好む人が選ぶ傾向にあるようです。