シャネルは特に晩年ではあるが、誰の目からみても厚化粧でした。
だが、そこにも彼女なりの信念はあったのです。
「他の人のためにメイクをするのではなく、自分のために、自分でがあるためにメイクはある」
自分にふさわしいメイクを、自分の気持ちが高揚するためにメイクをするのだという信念から彼女の特有な厚化粧は生まれたのです。

彼女のポートレイトを見たことがある人ならば、一目瞭然です。
濃く太い眉に、キツめのアイラインで目を縁どる彼女特有なメークは、ショートカットに加え、彼女の象徴となっています。
何よりも自分の気持ちを高める為に、メイクをほどこすと言い切った彼女の意志は、周囲の指摘などでは微動だにもしなかったと言われています。
周囲の反応よりも、自身の信念を優先する彼女の姿勢は、何かを成し遂げるには必要なことなのかもしれません。

たしかに周囲の評判や評価を気にして、流されているようでは、ここまでの偉業は成し遂げられないのでしょう。
シャネル買取の中でも、シャネルのメイク商品は評判が高くなっています

シャネルの赤いリップのような情熱が、ココ・シャネルを追うごとに感じ取れます。
シャネルを愛好する女性たちの、想いもそんな彼女の情熱に魅せられているのでしょう。