1971年、シャネル87歳。フランスのパリ、ホテル・リッツの一室で息を引き取ります。
シンプルままでに、仕事部屋から寝に戻るだけの部屋であったといいます。
クローゼットには、たった二着のスーツがかかっているだけでした。

それまでシャネル帝国の火付け役であった、シャネル本人を失うと、その経営権は、ヴェルタイマー一族へと引き継がれます。
香水「NO. 5」の経営権を巡り、争った一族ですが、シャネル帝国を経営面から陰ながら支えてきた一族でもあるのです。

1983年、新たなシャネルの先導役としてデザイナー、カール・ラガーフェルドがシャネルビジネスに迎えられるまで、ヴェルタイマー一族はブランド「シャネル」の立て直しをはかりますが、空白の10年間と言われほどシャネルは低迷していくのです。

ヴェルタイマー一族が、ブランド「シャネル」大きく関わりを持つのは、シャネル商品の中でも、空前のヒット商品、香水「No. 5」の事業を展開させた時期でしょう。

伝説的な香水「No. 5 」をビジネスとして展開する為に、ココ・シャネルが必要としていたのは、資本的な後ろ盾と、商品の生産、流通にに関するノウハウです。
その後ろ盾となったのが、フランスを代表する化粧品会社を経営するヴェルタイマー一族であったのです。
彼らは、シャネル帝国の土台を築き、シャネルは、その船頭となったのです。
ブランド経営が成功に導かれるとともに、シャネルと一族との間に溝ができはじめました。
経営権を巡り訴訟にまで発展した騒動ではあるが、時を経て和解となった。

シャネル皇帝として迎えられたデザイナーのラガー・フェルドが、現在のブランド「シャネル」を立て直したその背景にも、ヴェルタイマー一族の支援と経営力は不可欠です。
経営の賢者と天才的なデザイナーの豊かな才能によってブランド「シャネル」は繁栄を遂げてきたのです。