1939年、第二次世界大戦が勃発されたことを機に、シャネルは現役としての第一線を退きました。
ピーク時には四千人ほどいた従業員を解雇し、隠居生活に入ってしまう。シャネル56歳の時です。

それから15年。
1954年、シャネル71歳の時に、シャネルはファッション業界の最前線にカムバック。
その年に行われた、カムバックコレクションで、イギリス、フランスメディアはこぞって作品を酷評しました。
「もうすでに、シャネルの時代ではない」「時代おくれのシャネル」「シャネル時代は終わりを遂げた」
など、好き勝手に書き綴りました。シャネルは、一人強気に、「時代遅れだと言うメディア自身が時代に置いていかれている」と言い放った矢先に新風が吹きました。
アメリカが、シャネルのカムバックコレクションを賞賛したのです。

第一次世界大戦、第二次世界大戦の間に社会進出する機会を得たアメリカの女性たちが、新しい風としてシャネルのスタイルを求めたのです。
「自立した自由な女性」の装いとして、シャネルスタイルは、その後もアメリカを起点に世界的な反響を得ることとなり、現代女性に受け継がれてきたのです。

1971年87歳でその生涯を遂げた、シャネルのホテルルームには、2着のシャネル自身のスーツがかかっているだけでした。
その2着は、どちらもシャネルが最も信頼するお針子が、彼女の為に仕上げた作品でした。
なんとも彼女らしいエピソードです。

彼女は、いかなる時もココ・シャネルであり、どんな場面でも意志をもって信条を貫き通しました。
女性に「自由」に生きることを提案し、「エレガント」であることを生涯デザイン。
「お洒落」と「財力」を切り離すことに成功し、今でも尚、現代女性がその後ろ姿を追っているのです。
まさに「かげがえのない人間」として、今後も語り継がれるはずです。